« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月19日 (金)

ビル・ゲイツの資産!

米経済誌フォーブスが17日発表した2008年の米長者番付(上位400人)で、ソフトウエア大手マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏が資産総額570億ドル(約6兆円)で15年連続トップとなった。
さすがはビル・ゲイツくん!
僕は君のソフトを愛用してますよ!
使ってて、そりゃこれを売ったら儲かるなって思いますよ!
6兆円ですよ!
1万円札を縦に積んだら、6兆円は富士山15.6個分の高さです!
私は3時間かかって富士山頂まで辿り着けませんでした...。
その15.6倍もの札束を持っているとは...。
ぜひとも養子縁組していただきたいですね!ゴッドファーザーと呼ばせていただきたいですね!
ちなみに、1日100万円づつ使っていくと、1兆円使い果たすのに2745年かかります!!
ということはさかのぼると紀元前737年ですから、縄文時代か弥生時代あたりから毎月100万円づつ使い始めてやっと今年1兆円です!
卑弥呼様ぁ~って言うあの時代です!
ビルくんのはその6倍ですから、今年から1日100万円生活を始めていくと西暦18,470年にやっと6兆円使えることになります!
ビルくんはけっこう年いってますから、50年で使い果たすとするなら1日のお小遣いは、3憶2千876万7123円です!!
ビルの1日のお小遣いは3憶2千万円ですよ!
月のお小遣いは100億円です!
そうとう羽振りいいですね!
でも、もし一切使わずにモンゴルに預金したとすると最高で年利18%ですから、年1兆800億円増えます!
となると、10年で31兆4千億円に!
20年で164兆3千582億円になりますね!
30年で860兆2千237億円になります!
これで日本の借金が払えますね!
たぶんモンゴルの銀行は破綻し、国が負担してくれなければ0円ですけど!
モンゴルでなくてもベトナムは預金金利12%100万円預ければ1年後には112万円で、10年後には310万円になってしまうんですよ!
モンゴル・ベトナム銀行最高!
「そうだベトナムへ行こう!」ですね!
ちなみに、ブラジル、南アフリカ、メキシコ、ハンガリーなども高いです!
アンゴラも高いそうですよ!噂によると預金金利20%超えてるらしいです!100万円が1年で120万円ですよ!(映画ホテルルワンダの舞台です!)内紛が起きて、子供が銃を持ち、街中で笑いながら銃を発砲している国ですけど...。
金利はいいですよ!
今年のJRのCMは、「そうだ、殺されるかも知れないけど、金利は高いからルワンダへ行こう!」で決まりですね!

↓ 1日1回クリックをお願いします!

■Ranking■

PATRIOTでは、これからも政治、経済、ニュースなどについて通常では知りえないような裏側の話題をお伝えしてゆきます!

|

2008年9月 6日 (土)

消費税について

今日のテーマは消費税です!
消費税が10%に上がったら、10万円の買い物をするときに1万円余分にお金を取られるわけですからそうなったらみんな嫌ですよね?
でも、日本はもう増税しないと破たんするって政府は言うじゃないですか。だから仕方ないって段々思えてきて、普通のメディアの情報だけが真実だと思っている人たちは、やはり増税は仕方ないって思い始めてるんですよね。
でも、私はこの国のメディアの情報を全部鵜呑みにして信じません。
なぜなら、1999年から2000年になるとき電気製品が動かなくなるとか電気が止まるとか何とかありましたよね?どうでした?(Y2Kと言われてました。)
ダイオキシンを一つまみ摂取するだけで即死するって言われてませんでしたか?
(ダイオキシンは確かに猛毒ですが、それはネズミに対してであって人間は大した害がないって証明されてます。ちなみにハムスターは同じ量を与えても全然元気です。ダイオキシンがたくさん含まれていると言われたレタス200万個分のダイオキシンを盛られたウクライナの大統領は死にませんでした。ゴミ焼却場の人は大量死してますか?ウソです。)
まぁ、こういう話題はまた今度で、とにかくメディアは面白おかしく、政治家や官僚の情報を垂れ流しにするので、日本政府のプロパガンダと思ってください。
大切なのは真実のデータ、世界の常識、世界の天才経済学者の言葉を聞いて正しい知識を身につけることが大事だということです。
では本題、消費税が上がるとどうなるか?について考えたいと思います。
現在ささやかれている消費税の増税案は贅沢品に限定する方針です。
だから消費税が上がっても生活品の税金は変わらないです。
なんで日本政府は早くこうしないんですかねぇ。
低所得の人は、「それだったら金持ちから取る訳だしいいじゃん!やっちゃえ!」って思いますよね?
そんな簡単な問題ではないんです。
なぜか?まず現在の日本経済は下降局面に入っています。
つまり、経済が悪くなってるってことです。
物価は上がれば経済は成長してるって言いますが、現在のそれは資源高で仕方なく事業者が値上げせざるを得なくなってるだけです。(小麦、とうもろこし、原油などがいい例です。)
アメリカのバカブッシュが食べ物をエネルギーにしたからです。
消費はバリバリ下がってます!
日本の国内消費はここ1年で激減してるんですよ!
いざなぎ景気を超えたって言われてましたけど、株式市場で見る株価上昇(オイルマネー流入やM&A)や企業の受注だけが良かっただけで、庶民の給料まではそんなに変わらなかったのです。
みなさん実感してますよね?
だから、日本経済がガタガタになったのは外資が出て行って、元々国内消費がほとんど変わっていなかったのが理由です。
あとは、バブルがはじけた1990年くらいから世界の各国の経済成長を調べた研究所の正しい情報によると、先進国(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなど)の経済成長率は平均値で約6%くらいです。GDP(国の経済力)は2.4倍~2.5倍になっています。
ところが日本はその間、1.1倍にしかなっていないのです!1倍ってことは変わらずってことですよ!
インド、中国は、4倍、5倍ですよ!!
日本がそうなった原因は経済無策です。
日本は、先進国に比べてサブプライムローンの商品はほとんど持っていなかったんですよ!
世界の国々はもっとひどいダメージを受けてるんですよ!
なのに日本の株価が下げたのは経済無策だったからです。
オイルマネーを運用するファンドマネージャー達は、大してサブプライムローンの被害を受けていない日本から資金を引いたのは、「他の国に比べて日本は経済を助けるつもりがないからだ!そんな国の株は買えない!」と言いました。
政府が一番大事なのは国民ではなく自民党政権の安全、日銀が大事なのは金利の安定、どこの機関も国民生活の健全化よりもっと大事なものがあるから国民は二の次なのです。我々とはプライオリティー(優先順位)が違うんです。
さらに昨年まで、そんなに政府が経済が成長していたと言っていたはずなのに、銀行が金利を付けなかったじゃないですか。
だから国民はお金を預けても全然お金が増えないんですよ!
※6%の金利なら15年で1000万円が2000万円になるんですよ!
ただ、経済が低迷していたのでこれはしょうがなかったと思いますが、成長していたということ自体がウソだってことです!
ゼロ金利はしょうがなかったと思ってます!
つまり、国が言っていたほどマクロ経済(国民経済、景気)は成長していないのに洗脳されていたのです。
1990年にバブルがはじけてから景気対策に使ってきた国債は60兆しかないのに、全体では約400兆も増えてるんです。
90年の税収が60兆あったのに、森内閣の時には52兆、小泉内閣に至ってはたった2年で41兆まで下がってしまったんです!
ここまで税収を下げた小泉総理は歴代1位です!
景気が落ち込んできたことが原因で、税収が下がったのです!
消費税は下がりましたか?
いいえ!1997年に4%→5%になって以来変わっていません!
税収が下がったのは景気対策をしなかったからです!
今は、景気対策をしてまず景気を良くしてそれからの話だと思います!
今までの日本の政策は例えるならば、
お父さんが風邪を引いて熱を出したのに家計を預かるお母さんが、「何言ってるの?そんなお金はないわよ!」って薬も与えず病院にも行かせなかったらお父さんの風邪が治らず働きに行けないですよね?そんな時に、「もっとひどくなったらいけないから体力つけるために痛みを伴うけど外を走ってきたら?」って言われたらもっと風邪は悪化しますよね?それで収入も減って会社も倒産したら薬代どころの話じゃなくなりますよね?
こんなこと当たり前なのに今の日本政府は、増税して薬代まで奪おうとしてるんですよ!
まずは病院で手当てして薬を飲んで、元気になってからお金を稼いで、そしたらおうちにたくさんお金が入るじゃないですか!
ジョセフ・E・スティグリッツ(ノーベル経済学賞)やポール・クルーグマン(現在最もノーベル経済学賞に近いとされている人)などの世界を代表する経済学者も「とにかく日本は景気対策をするべきだ!」と言っているんですよ!
この人達より日本の政治家のほうが正しいと思いますか?
私は思いません!
政治家は官僚にコントロールされているのです!
今は景気対策が最優先だと思います!
ただ、消費税5%が絶対に正しいって言ってるんじゃないんです。今はまだ早いって言ってるんです。
確かに先進国の消費税は平均15%~19%で、5%以下なのは、マレーシア、パナマ、ジャージー島、そして我が国日本くらいです!
ジャージを着ているからジャージー島ではありません!
ただ、食品や生活雑貨などの特定品目については0%の国は多いんですよ!
では、なぜ消費税アップが必要だと言われているかと言うと、まず歳出と歳入のバランスを合わせたいことと(プライマリーバランスを黒字化にしないと国の借金が増えてしまうから。)、社会保障費の財源のためです。
まず、歳入を上げたいなら景気を戻すことが最優先です!
社会保障についてですが、基本的には年金です。
日本の公的年金は破たんしていません!政府はウソをついています!!
日本の公的年金システムは賦課方式と言って、今年の年金保険料納付者が支払った年金保険料で今年の年金受給者を養うというシステムです!
世界的に見ても3か月か6か月のバッファ(余裕)があれば良いシステムなのです。なのに日本政府は積立金が足らない積立金が足らないと言ってきました。積立金制度じゃないのに!
ただ、賦課方式だと確かにこのまま人口が減少すればいつか破綻します。
日本の国民年金に限っては破綻していると言えます。
現在の公的年金の積立金の金額をご存知ですか?
知らないですよね?
約230兆円です!!230兆円!!
6年分の日本国民の年金受給者を収入ゼロでまかなえる金額があるのですよ!
1日100万円使っても2745年で1兆円です!
小泉総理は積立金が147兆円しかないからこのままだと破綻すると言っていました。
もともと積立金はいらないシステムなのに!
公務員の共済年金(50兆円)、外部の企業に運用を代行させていた年金(30兆円)があるんです!
147+50+30=227兆円です!
これは大まかではありますがほぼ正しい数字です!
さぁそれをふまえた上で、この国の政治を担っていく上で一番良い政治家は誰か?
最近、自民党総裁選を連日メディアが取り上げてますよね?
財政タカ派(消費税をアップして財政再建を計ろうとする派)と、上げ潮派(景気回復を最優先して税収を上げることにより財政再建を計ろうとする派)の対立があります!
財政タカ派は、谷垣氏、与謝野氏、石原氏、小池氏です。
上げ潮派は、麻生氏、中川氏です。
私個人としては、麻生太郎氏を推薦したいところですね!
とにかく私個人の意見なので必ず正しいかどうかは皆さんで判断してください!
ただ、これ以上政府=官僚に好き放題させる訳にはいきません!
我々で意思を伝えましょう!
我々の国は我々で守るのです!
そして、我々の最大の武器は選挙の時の絶大なる1票です!
これを政治家はビビっています!
この時こそ我々の力を発揮する時です!
1票の力を忘れないでください!
意思は必ず伝わります!
↓こちらにメールしましょう!(首相官邸の意見募集ページ)

http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html

PATRIOTでは、これからも政治、経済、ニュースなどについて通常では知りえないような裏側の話題をお伝えしてゆきます!

↓ 1日1回クリックをお願いします!

■Ranking■

|

2008年9月 1日 (月)

知られざる中国の実態

今日は、かなり反響があった中国について再度語ろうと思います。
最後に強烈な動画を用意してありますが食事中の方はご遠慮ください!
まず私は反中ではありません。
自分の義兄も仕事で中国に行っていますし、中国人の知り合いもおり中華料理も好きです。
ですが中国を知れば知るほどとても恐怖を感じます。
2007年中国では、表沙汰になっただけで506件の食中毒事件が発生し、258人が亡くなりました。
だから毒入り餃子事件の時に中国の人達は、「それでいったい何人死んだの?」と聞いて、「死者はいないですよ」と言うと、「そうかじゃあ良かったね!」と言います。
感覚が麻痺していて人が死ななければ事件としては大したことではないのです!
人権に対する尊厳性が全く違うのです。
毒入り餃子はパッケージも日本語ですので確実に日本への輸出用に日本では販売されていない農薬メタミドホスが混入された事件ですが、もっと他にもひどい食品の事件はあります。
例えば、上海ガニ!(チュウゴクモズクガニ)上海ガニには養殖の場合、成長促進ホルモンや、病気を予防するために、クロラムフェニコール(骨髄損傷の恐れあり!)やオキシテトラサイクリンなどの
抗生物質が与えられているのです!
これによって
4歳の女の子に初潮(月経、生理)がきたり、6歳の男の子に髭が生えたりした事件が多発し、中国人は日本の高級中華料理店でも上海ガニに手をつけません!
また、
中国の牛乳はほとんどが薄められているのですが、水で薄めると分離してしまうため牛のオシッコで薄めています。すると同じ牛の体液なので分離しないのだそうです。(実際に逮捕者が出ている。)
さらに下水の油でラーメンを作ったりもしています。実際に中国に行くとお店の看板に
「下水の油は使用していません!」と宣伝しています!
ニセ玉子、ニセハチミツ、ニセミネラルウォーター、そして
塩もニセモノがあるのです!
「食塩にまで偽物があるのか」と思われるかもしれませんが、ニセ塩の正体は製塩工場の廃液からつくった不純な塩や、化学工業原料である「亜硝酸塩」などを含む
「工業塩」です。食べると病院に行くことになります!
彼らの考え方として、日本人だからいいや!ではなく、自分が食べなければいいや!なのです。
怖いですね!気をつけましょう!
そして北京オリンピックについては、チベットや東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の独立問題やテロがスポーツ以外でも注目されたオリンピックでもありました。
まず、各地域の独立問題を見てみたいと思います。
東トルキスタン(
新疆ウイグル自治区)では、「計画生育」と言う名目で数百万の赤ちゃんの強制中絶を行っていたり、45回の核実験と核廃棄物の投棄により、多くの人々が放射能中毒で犠牲になり 、「政治犯」として数万人単位の人々の処刑が執行されているという考えられない事態が繰り返されてきました。
元々東トルキスタンは、ロシアの南下圧力に苦しみ中国と結託したのですが、これが失敗でした。
チベットでは、ラマ教の指導者ダライ・ラマ猊下の下で独立を維持してきたが第二次世界大戦後の1950年に中国人民解放軍が進駐し東チベットに駐留して
5700人の兵士を虐殺し、2000人の兵士を投獄しました。以来、殺された人は120万人にのぼると言われています。そして、チベットの95%の僧院を破壊し、核爆弾の工場、「地球に穴が開く。」と世界的にも生産をされなくなった水素爆弾の工場も造られました。ウイグル同様に核実験も行われ、チベット人の子供を強制中絶させてチベットの人口を減少させ、チベットへ移住する漢人(中国人)には減税の優遇を与え、刑務所にいる囚人でさえチベットに移住するなら出獄許可を出すというとんでもないことをしてきました。そのためチベットでは凶悪犯罪者がチベット人を強姦する事件は日常的に行われています。チベットから亡命したダライ・ラマ猊下に会いに行こうとする人を、まるでテレビゲームのごとく虐殺し続けています。(YouTubeで映像は見られます。)
これだけでもひどいですね…。少なくとも平和の祭典を開催する国としては考えられませんね。この現代において、未だに植民地を持っているのくらいですから。
毒入り餃子事件に関しては、通常ああいった事件が起きれば中国内ではスピード裁判、スピード判決、スピード処刑が常識です。我々日本人は原因究明、説明、謝罪というのが国家の当り前の対応です。
まず、世界中の人が理解すべきは
「中国では謝罪=罪=死!」なのだということです!
我々の文化や世界的な常識からは逸脱しますが、こういう文化の人種なのです。
中国にはこういうことわざがあります。
死不認錯(スープレンツォ)=死んでも謝らない!
これが中国人の常識なのです!だから、最初から謝罪を求めても無理なのです。犯人を見つけて殺して終わりなのですから。
だから、毒入り餃子の会見で「私のせいじゃない!」と泣きながら答えていましたが、あれは死にたくないって意味で、日本に向けてではなく北京に対して本当に怖くて泣きながら言っていたのです。
中国国内では、変な薬を認可した役人が大した収賄の金額でもないのに処刑されました。それを見て中国の人達は殺されるとビビっているのです。
さて、食品問題や人権問題などが情報として出てきた背景には、中国が先進国の仲間入りをしたいという願望があるからです。
そうすれば、当然溜まっていた膿が出てくるわけですね。
中国で最も産業が伸びている広東省では、工場内の事故で年間3万人~4万人が指を落としたり、腕を落としたりしています。
中国は、
共産主義国家にも関わらず国民皆保険がないのです!なにが共産主義なんですかね?
こういうところはアメリカ的ですね!
アメリカにも国民皆保険はありませんから!
労働者の使い捨てが多すぎて、さすがの中国も困ってしまって、昨年から終身雇用制度を推進しました。労働契約法を整備し、なんとかして格差の是正や労働者を守ろうと努力して考えた案です。
終身雇用制度が世界的にも間違った制度であることを全く勉強していないんですね…。
それが原因で現在中国では、小さな企業が未払い給料を残したまま旧正月中に夜逃げしたりしてしまって大問題になっています。
今までの中国は、
安く使い捨てられる労働力、環境問題基準の低さが魅力だったから世界中の工場として成り立ってきました。
中国で人件費や労働者への補償でお金がかかるようになったら中国で物をつくる魅力は無くなります。
労働者を守れば経済が傾く、外資企業を守れば「外国から人権がないとんでもない国だ!」と批判されたり国内では国民が暴れる!
中国政府はどっちにも行けずとても困っているのです。
これからも中国と日本は関わり合っていかなければなりません。今のところ中国産の製品なしに日本人は生きてゆけないのです。
だからこそ、日本の政府に検査をきちんとして、日本には安全な物しか輸入しないという断固たる意思を伝え、我々も綺麗な野菜ばかり選ぶのではなく、安全なものは値段も少し高いし色も綺麗ではないという風に考え方を改めるべきではないでしょうか?
中国とはこういう国だと理解した上で貿易・外交をしなければならないのではないでしょうか?
では最後にこの残酷な中国の知られざる実態をご覧ください!
食事中の方はお控えください!

携帯版、中国の実態を知りたい方はこちらをクリックして「直接見る」を選択ください!

ランキングは1日1度しかカウントされませんが、ご協力を!1日1回PATRIOTにクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »