« 草なぎ剛容疑者逮捕劇の裏側のせめぎ合い! | トップページ | 草彅(なぎ)剛の知られざる私生活の真実! »

2009年5月 6日 (水)

中国核実験で被害は129万人!!

 中国が新疆ウイグル自治区で実施した核実験による被害でウイグル人ら
19万人が急死した!ほか、急性の放射線障害など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果が札幌医科大学の高田純教授(核防護学)によってまとめられた!被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがある!
 5月1日発売の月刊「正論」6月号掲載の「中国共産党が放置するシルクロード核ハザードの恐怖」と題する論文で明らかにした!
 高田教授は2002年8月以降、中国の核実験に伴う影響を調査した!
高田教授によると、中国の核実験は1996年までに爆発回数で46回!!
 爆発では楼蘭遺跡の近くで実施された3回のメガトン級の核爆発で高エネルギーのガンマ線やベータ線、アルファ線などを放射する「核の砂」が大量に発生し「核の砂」は東京都の136倍に相当する広範囲に降り、その影響で周辺に居住するウイグル人らの急性死亡は19万人にのぼる!
甚大な健康被害を伴う急性症は129万人のうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達するという!
中国の核実験は、核防護策がずさんで、被災したウイグル人に対する十分な医療的なケアも施されておらず、129万人のうち多くが死亡したとみられる!
 広島に投下された原爆被害の4倍を超える規模という。高田教授は「他の地域でこれまで起きた核災害の研究結果と現実の被害はほぼ合致している。今回もほぼ実態を反映していると考えており、人道的にもこれほどひどい例はない。中国政府の情報の隠蔽(いんぺい)も加え国家犯罪にほかならない」と批判している。

今まで中国政府のチベット人やウイグル人へのひどい行為を公開してきました!
詳しくは「中国」のカテゴリーからご覧いただきたい!
それにしても、普通自国の領土で死者を出すような核実験をする国は聞いたことが無い!
とはいっても、
チベットやウイグルは中国人にとっては植民地のようなものであるから、人に与える被害など全く配慮などしていないのだろう!
恐ろしい国だ!
シルクロードを旅されて、ウイグル付近へ行かれた方で癌になったり健康状態が悪くなられた方はきっとこれが原因でしょう!
チベット人やウイグル人の方はかわいそうだと思いますが、我々はチベットやウイグル周辺へは足を踏み入れない方が良いと思います!
また、このような国で平和の祭典オリンピックを開催したり、2010年に開かれる
上海万博をさせてはならない!
豚インフルエンザの死者数など桁違いですよ!
ウイグル人は何の非も無いのに大量に虐殺されているのですから...。

さらに、ものすごい発言が飛び出した!!
在英ウイグル人協会の会長で医師でもあるアニワル・トフティさんが、

「ロシアと中国が共同でウイグル地区で生物兵器の実験をしている!」と言うのだ!
ウイグルはもともとソ連との戦いのために中国と手を結び、植民地にされた国である!
アニワル・トフティさんは、実際にウイグルの山に狩りに出かけたところ、変形して巨大化したネズミを捕まえたのだと言う!
これこそ本物の

「バイオハザード」
である!!

あの映画やゲームの世界は実際に存在するのだ!
詳しくはこちらの映像でどうぞ↓

携帯電話の方はこちらをクリックして「直接見る」を選択してください!

自分の国なら核ミサイルを落としても良いのか?
自分の国ならこのような残酷な実験をしても良いのか?
このような国が国連の常任理事国で良いのか?
少なくとも私は中国へは絶対に行かないし、中国の食品は買わないし、中国の製品は避けるようにしています!

中国人ですらそうしているのですから...。
では実際に中国で被害にあった残酷な被害者の写真をご覧下さい!
残酷過ぎます...。
Img691
1121a
China
かわいそうだと思った方は、こちらをクリックして意思を表明しましょう!

人気ブログランキングへ

|

« 草なぎ剛容疑者逮捕劇の裏側のせめぎ合い! | トップページ | 草彅(なぎ)剛の知られざる私生活の真実! »

中国」カテゴリの記事