経済・政治・国際

2009年6月 1日 (月)

GMの破綻劇の裏側!

米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)は、6月1日米連邦破産法の適用を申請する見込みであることが、複数の関係筋の話で明らかになった。

GMと言えばかつては世界第1位の企業!
生産している車種はキャデラック ,シボレー,ビュイック,ポンティアック,ハマー,GMC,オペル,サーブなどなどがある!
これでついに
ビッグスリーのうち2つが倒産した!
今年の4月30日にはすでにビッグ3の一角、
クライスラーが破綻している!
クライスラーは、ダイムラー・ベンツに吸収合併するも売却され、クライスラー社単独に戻るがついに破綻!
クライスラーの生産している車は、クライスラーシリーズ(300など)と、ジープシリーズ(チェロキーなど)、ダッジなどがある!

実はこのGMの破綻劇には、普通ではあまり知られていない事実があるんですよ!

まず、オバマ大統領はGMを破綻させたくなかった!
しかし、
GMは破綻したかった!
なぜか?

オバマ大統領は民主党!
民主党の最大の支持基盤は労働組合!
労働者を守らなければ支持者がいなくなるのだ!
そこで
オバマ大統領は、GMのワゴナー元最高経営責任者(CEO)をクビにしてしまった!
通常では考えられないことだ!
総理大臣がトヨタの社長をクビにするようなことなどできるはずがないからだ!
なんとしてでも破綻を阻止したかった!

一方、破綻したいGMは?
大体が、破綻したい企業などあるはずがない!
ではなぜ破綻したかったのか?
原因は、
「レガシー・コスト」である!
レガシー・コストとは企業の退職者に対する負担、年金や医療保険の支払いを会社が負担することである!
つまり、
すでに辞めてしまった人の健康保険などを会社が払っているのだ!
1950年代から60年代、労働組合が絶大なる権力を持ち、あり得ない制度を通してしまったのだ!
そもそも
アメリカには「国民健康保険がない!」
個人で高い保険に加入できないので、会社が負担している!
アメリカがナンバーワンだった時代はそれで良かったが、儲からなくなった今は膨大なお荷物だ!
破産宣告を受けて
会社更生法適用を受けるとこの支払い責任はなくなる!
今までは世界中の銀行がGMにお金を貸してくれなかった!
しかし、破綻すればお金を貸す銀行も出てくるだろう!

最初から6月1日に破綻すると予想していました!
ここでオバマがどうやって労働者を守るかが手腕の見せ所ですね!


ランキングにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)